丼覆う巨大チャーシュー 全国各地から“通”集う ラーメンダイニング絆(四街道) 【房総SNS映えグルメ】(1)

  • LINEで送る

「銀河」をトッピングしたラーメンを手にする松本店主=四街道市
国道51号沿いにある「ラーメンダイニング絆」

 丼にふたをするように盛りつけられた巨大チャーシューに度肝を抜かれる。思わず写真を撮って人に伝えたくなるトッピングメニュー「銀河」を提供するのは、四街道市内の国道51号沿いにあるラーメン店「ラーメンダイニング絆」。

 2004年2月にチェーンのフランチャイズ店として開業したが、「自分の味で勝負したい」と奮起した松本健児店主(49)が13年10月に独立。「銀河」は独立後間もなく誕生し、今や全国からラーメン通を集める看板メニューだ。

 計20キロほどの豚肉3枚を巻いてひもで縛り、大きな鍋で13~14時間煮込むと専用チャーシューが完成。これを客の要望に応じた厚さで輪切りして提供する。当初は支持されるか不安だったが、客がネットに上げた画像で注目を集め、評判が広がった。

 チャーシューの真ん中を食べ、中から出てきた麺をすする-というのが正攻法の食べ方。肉は柔らかく、どんなラーメンとも合うように味付けも工夫されている。手間がかかるため仕込みは月2~3回程度の限定メニュー。価格は量で変わり、標準的な300グラムだと1140円。中には1キロ以上を注文する客もいる。

 「『肉を食べに行こう』と言ってウチに来るお客さんもいる。もちろんラーメンにもこだわりがあるので食べに来てほしい」と松本店主。地元産落花生をスープに使った「四街道担々麺」(880円)、コクのあるスープがおいしい「みそらーめん」(720円)もお薦めだ。

(佐倉支局 平口亜土)

      ◇

 盛りつけが豪快な料理やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)映えする一皿を提供する県東エリアの店舗を紹介する。

◇店舗情報  営業時間は午前11時~午前0時。不定休。「銀河」の提供情報はツイッター(アカウント「@mendojo68」)などで告知する。四街道市中台617の7。駐車場あり。(電話)043(433)1003。