隆の勝関が鏡開き 400人、祝い酒堪能 柏出身の新十両

  • LINEで送る

秋山市長(中央)らとともに鏡開きを行った隆の勝関(左)=3日、柏市の「柏モディ」店頭プラザ

 柏市出身の力士、隆の勝関による「新春鏡開き」が3日、同市の柏高島屋、柏モディ両店で行われた。日本酒はその場で来場客に振る舞われ、詰め掛けた計約400人が新年の祝い酒を堪能した。

 隆の勝関は昨年9月、大相撲九州場所の番付編成会議で十両への昇進が決定。同市立西原小学校、西原中学校を卒業した生粋の“柏っ子”で、同市出身の力士としては、元関脇・麒麟児以来44年ぶりの関取誕生となった。

 会場には約2トンの日本酒が入った特大サイズの酒だるが登場し、秋山浩保市長や柏高島屋の影山勝店長らも法被姿で参加。隆の勝関は「今月14日から初場所が始まる。一番でも多く勝てるよう頑張るので、応援よろしくお願いします」とあいさつした後、「よいしょ」の掛け声に合わせて笑顔で木づちを振り下ろした。

 また、この日は「銭洗弁財天」(神奈川県鎌倉市)で洗浄したという五円玉の「福銭」を、隆の勝関が来場客に手渡すスペシャルイベントも実施。受け取った柏市の無職、中村紀代子さん(67)は「握手した手がとてもたくましかった。良い1年になりそう」と満足げだった。