「開幕1軍目指す」 匝瑳出身伊藤投手が抱負 ドラフト西武指名

  • LINEで送る

匝瑳市役所を訪れた伊藤投手
匝瑳市役所を訪れた伊藤投手

 プロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズに3位指名された匝瑳市出身の伊藤翔投手(18)が、同市の太田安規市長を訪問し「まずは開幕1軍を目指したい」と活躍を誓った。

 伊藤投手は中学生硬式野球チーム「九十九リトルシニア」(山武市)の野手、横芝敬愛高校(横芝光町)硬式野球部の投手として活躍。今春高校を卒業し、独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の「徳島インディゴソックス」(徳島県)に入団。ルーキーながらエースとなり、独立リーグ日本一にも貢献した。「この1年で精神的に強くなった」と話し、ボールの質やストレートのスピード面で成長したと振り返る。

 太田市長は「ライオンズで活躍し、匝瑳の名前を知らしめてほしい」と期待を寄せた。上位での指名に驚いたという伊藤投手は「仮契約を結び、プロになるんだと実感が湧いてきた。まずは開幕1軍を目指したい」などと抱負を語った。

 市長訪問には、祖父で旧野栄町の元町長、伊藤正勝さんも同席し「よく頑張ったと思う。これからが大切なので、体づくりに励んでほしい」などと喜んだ。

 伊藤投手は3日、成田ビューホテル(成田市)で開かれる同野球部50周年記念式典で、指名を報告する予定。