非売品→じわり人気 13日から80体、限定販売 我孫子市マスコットキャラ 手賀沼のうなきちさん

  • 0
  • LINEで送る

 我孫子市のマスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」のぬいぐるみが、13日から市役所で販売される。これまでぬいぐるみは非売品だったが、市役所などに飾られているのを見た市民から「どこで購入できるのか」という声が多数寄せられたため、市が今回、80体限定での発売を決めた。

 手賀沼に生息するウナギをモチーフにしたうなきちさんは、2012年に市の観光PRキャラクターへ就任。3年後に同市のマスコットキャラへ昇格した。市によると、おじいさんのような風貌だが実は年齢不詳で、キュートなつぶらな瞳が市民から大人気だという=写真。

 ぬいぐるみは全長約22センチで、1体2300円。今回は100体を製作し、イベントでの記念品用などを除く80体を初の一般販売用として確保した。うなきちさん本人も「何かとうなぎのぼりになる開運! みなさん、よろしくうな~」とアピールしている。

 販売は13日から、市役所本庁2階のあびこの魅力発信室で。17日までは1人1体限定で、翌週の20日以降は個数制限なし。受付時間は午前9時~午後2時半。問い合わせは同室(電話)04(7185)1111(代表)。