ふなっしーが注意喚起 詐欺防止、ATMで呼び掛け 船橋

  • LINEで送る

 「その振り込み、ちょっと待ったなっしー」。人気者・ふなっしーの声で、電話de詐欺の被害防止を呼び掛ける試みが、船橋市内のATM(現金自動預払機)で始まった。

 同市内では昨年、千葉県内市町村ではワースト1の172件の電話de詐欺が発生。独立型無人ATMが、犯罪に悪用されていることから、船橋署(斉藤憲一署長)は「ふなばし犯罪なっしー広報官」を務めるふなっしーの協力を得て、市内の千葉銀行のATMで、詐欺防止メッセージを流すことに。

 東武船橋駅前など7カ所のATMでは平日の午前9時から午後3時までの間、15分間隔で「ひょっとしたら振り込め詐欺かもしれないなっしょー」「だからちゃんと振り込む前に、相手を確認するなっしー」といったメッセージが流れ、利用者に注意を喚起している。