駅からハイキングいかが? 冊子で18コース紹介 いすみ鉄道沿線活性化協議会

 いすみ鉄道の全14駅や駅ごとの魅力的な散策コースを紹介した初の冊子「のる・あるく・いすみ鉄道沿線ガイド」(A5判、32ページ、カラー)が発刊された。沿線の大多喜町やいすみ市、デンタルサポート大多喜駅などで1万2千部が無料配布されている。

 発刊したのは国、県、沿線自治体などで構成する同鉄道沿線活性化協議会。沿線の自然、史跡といった観光資源を多くの人に知ってもらう狙い。

 冊子では駅から歩いて行けるモデルコースとして18種類を関係者が考案。いずれのコースの行き方も所要時間や距離とともに分かりやすく図解されており、見どころスポットの写真もふんだんに付く。

 「七面山コース」では、上総中野駅から約1キロ先の標高160メートルの七面山山頂までを往復するルートのほか、イチョウの木や鐘楼が趣を添える山中腹の光善寺を取り上げた。


  • LINEで送る