昔、千葉県は島だった!? 海岸線の変化と香取海 【おもしろ半島ちばの地理再発見 千葉地理学会連載】

  • LINEで送る

 「千葉県の形は?」と聞かれると「チーバくん」を思い浮かべる方が多いと思います。でも、千葉県を形づくる海岸線や利根川は、ずっとこの形状ではありません。はるかな昔からの変遷の上にあるのです。

 縄文時代中期、千葉県域は「島」に近い状態だったと考えられています(図1)。現在の平野部は海中で、台地や丘陵部の縁が入り組んだ海岸になっていました。千葉県の貝塚の多くが、現在は海岸線から離れた台地上にありますが、当時は思いの外、海に近いところだったといえます。

 それが次第に、土地の隆起や土砂の堆積により、海が後退し陸地が広がってきました。例えば九十九里浜の土砂は、両端に位置する屏風ケ浦と太東岬の崖が波に削られて流され、堆積したものです。両崖とも昔は数キロ沖合まであったとされます。

 また、内陸部である現在の利根川流域には、「香取海」という大きな内海が広がっていました(図2)。その範囲は、現在の霞ケ浦・印旛沼・手賀沼の辺りが一つにつながった、とても広いものでした。

 香取海は縄文時代から水上交通が盛んだったということです。大和時代には、香取海の千葉県側に印波国・下海上国(しもつうなかみのくに)、茨城県側に筑波国・仲国・茨城国があり、沿岸には多くの古墳が造られました。

 そして、香取海は朝廷が東国を支配する上で重要な役割があったと考えられます。日本書紀や常陸国風土記には、日本建命(やまとたけるのみこと)が東征の際に香取海を渡ったと思われる記述があります。

 また、香取神宮(香取市)と鹿島神宮(鹿嶋市)の二社は香取海の入口の対岸にあり、蝦夷の平定神として崇拝され、前社は下総国、後社は常陸国の一宮に位置付けられました。

 香取海が現在の姿に変わるのに大きく影響したのが、利根川東遷(とうせん)事業です。これは徳川家康の命によって1594年に始められ、1654年までかかりました。それまで利根川は東京湾に注いでいました。1590年、江戸に入った家康は、江戸のまちづくりを進めました。その大きな柱として、利水と治水のために、利根川の流れを東の渡良瀬川や鬼怒川につなげ、香取海を通して太平洋に流すという大工事を行ったのです。

 しかし、利根川東遷の結果、利根川を流れてくる土砂が堆積し、天明の浅間山噴火(1783年)による火山泥の堆積もあって、香取海は次第に小さくなってきました。

 そして、大雨の時の利根川下流域での水害発生など、多くの問題も発生しました。印旛沼干拓や両総用水などの事業も、流域の水害防止が大きな理由でした。利根川流域の治水は現在でも大きな問題です。

 歴史上の出来事や人物の事績の裏には、当時の地形の在り方が大きく影響していたであろうことが分かります。

 (九十九里小学校長・佐瀬一生)