甘い香りに誘われて スイセン求めツアー客 鋸南

  • LINEで送る

 スイセンの日本三大群生地の一つである鋸南町で、今シーズンの花が見頃を迎えている=写真。里山ハイキングコースの「江月水仙ロード」と「をくづれ水仙郷」で今月末ごろまで、純白の清らかな花々を楽しむことができるという。

 すらりとした長い茎に花を付けるのが同町のスイセンの特徴。例年通り昨年12月下旬から開花し、甘い香りを放っている。

 同町の佐久間ダム近くのをくづれ水仙郷には、ツアー客らが早春の風物詩を見に訪れていた。

 初めて足を運んだといういすみ市の中村光弘さん(65)は「思っていた以上にたくさん咲いていてきれい。この時期は花があまりないので、自然を感じられてうれしい」と話した。

 をくづれ水仙郷の一部では29日までの午後5~8時にライトアップもしている。