米兵の姿に憧れ波間へ 16歳、故郷の海で初挑戦【波に魅せられて 外房サーフ物語】(2)

  • 1
  • LINEで送る

1990年代、いすみ市の海岸でサーフィンをする中村一己さん(chp提供)
サーフボードがなかった頃、川井幹雄さんはエアマットをボード代わりにして波乗りをしていた=1964年、鴨川市内の海岸(本人提供)
中村 新吾さん

 中村一己(1938~2009年)は、日本サーフィン界の草分け的な存在だった。長男の新吾(52)は「父は60年代前半、波乗りをする米兵の姿を見てサーフィンを始めたと言っていました」と説明する。< ・・・

【残り 1033文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円の一般プランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン