児童ら41人農業体験 サツマイモ植え付けなど

  • LINEで送る

「親子農業体験」教室が開かれ、地元の小学生ら41人がサツマイモの植え付けなどに取り組んだ=千葉市稲毛区
「親子農業体験」教室が開かれ、地元の小学生ら41人がサツマイモの植え付けなどに取り組んだ=千葉市稲毛区

 「親子農業体験」教室が千葉市稲毛区の畑で開かれ、地元の小学生ら41人がサツマイモの苗植え付け、ホウレンソウ、落花生の種まきに取り組んだ。

 食育事業の一環として、農作物が生産される過程を知ってもらおうという企画で、県青少年協会(安田敬一会長)の主催。

 参加した約20組の親子は、NPO法人県市民農園協会の廻谷義治会長らの指導を受け、丁寧に作業した。

 ホウレンソウは6月下旬、サツマイモ、落花生は10月下旬の収穫を予定。父親、妹と参加した千草台小6年、青山友輝君は「元気に育つかな。楽しみ」と話していた。