アジアゾウ赤ちゃん、初の人工哺育 無事成長なるか 40歳母親授乳断念 市原ぞうの国 【地方発ワイド】

  • 0
  • LINEで送る

前例のない人工哺育で育てられることになったラージャ元気(手前)=市原市山小川の「市原ぞうの国」

 国内最高齢での出産と育児のため、愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園から市原市山小川の動物園「市原ぞうの国」を訪問中のアジアゾウ「アーシャー」(推定40歳)が雄の赤ちゃんを出産し、2カ月余りが経過 ・・・

【残り 1033文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円の一般プランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン