皿や埴輪など力作100点 東金で陶芸同好会が作品展

  • LINEで送る

東金市のギャラリーT・Sで開かれている「たちばな会陶芸作品展」
東金市のギャラリーT・Sで開かれている「たちばな会陶芸作品展」

 陶芸同好会「たちばな会」の作品展が、東金市東新宿の「ギャラリーT・S」で開かれている。入場無料、会期は20日まで。

 同会は千葉市緑区に拠点を置く県生涯大学校卒業生の同好会。卒業後に作り続けてきた力作を市民に鑑賞してもらおうと、同展を初めて開催した。

 会場には、切り絵を張り付けて焼き上げ、鮮やかな模様を描いた皿や素朴な表情の埴輪(はにわ)など独自の工夫を凝らした会員7人の力作約100点を展示している。

 同会の佐藤寿代表(74)は「大学校を卒業して、作品を披露する場を初めて得た。会員の力作を見てほしい」と来場を呼び掛けた。