「里山トロッコ」絵本100冊を寄贈 商工中金千葉支店 市原の全42市立小へ

  • 0
  • LINEで送る

 商工中金千葉支店(中島秀記支店長)は、創立80周年に伴う地域貢献活動として、小湊鉄道の里山トロッコ列車の旅を描いた絵本「出発進行!里山トロッコ列車」(偕成社)100冊を市原市立小学校全42校に寄贈した。

 絵本は、おととし導入された人気の里山トロッコ列車や沿線の見どころを案内する内容。取引先の小湊鉄道から紹介を受けた中島支店長が「鉄道を中心に自然や人々が織り成す文化、歴史が描かれている」と感心し、小学生に学んでもらおうと贈った。

 市役所で開かれた寄贈式で、中島支店長は「鉄道は地域資源。市原市の小学生に誇りと愛着をしっかり持ってほしい」とあいさつ。児童を代表し、国分寺台東小学校6年の堀江宰吏君(12)と峯島日菜多さん(12)が絵本を受け取った。

 小出譲治市長は、「いつか絵本が市内中の子どもたちの目に触れ、情操教育の一環になればという思いがあった。かけがえのない宝になるはず」と期待した。