20世紀少年~最終章~ぼくらの旗 港の玄関、憩いの場 千葉ポートパーク(中央区) 【ロケ地を訪ねて】

  • LINEで送る

 原作は浦沢直樹氏のコミック。1970年年代から近未来までを壮大なスケールで映画化した3部作の最終章。まさにクライマックスとなる「万博会場」のシーンで使われた。

 殺人ウイルスから逃れるため押し寄せた群衆は野外コンサート会場を埋め尽くす。背景は合成してあるが、上空からの映像で気付いた人もいたのでは…。

 同パークは86年、県民500万人突破を記念して建設された千葉ポートタワーと併せてオープン。「千葉港発祥の地」に港の玄関としての景観を備えた臨港公園(28ヘクタール)が造成された。

 各種イベントや市民の憩いの場として広く活用されるパーク内には、高さ125メートル、市内を一望できる千葉ポートタワーがシンボルとしてそびえる。

 また、野外コンサートも可能なステージを備えた芝生広場やテニスコート、海に面した人口海浜「ビーチプラザ」ではウインドサーフィンも楽しめる。

 連休中の2~4日はフリーマーケットを開催。タワーは1~5日、営業時間を午後9時まで延長。屋上オープンデッキも開放される。

 【所在地】中央区中央港1。入園無料。ポートタワーは有料(大人410円、小中学生200円、小学生未満は無料)。駐車場250台。問い合わせは、電話043(223)3832。

 【交通】千葉都市モノレール・JR京葉線千葉みなと駅から徒歩約12分。JR千葉駅12番バス乗り場から中央・小湊バス「千葉ポートタワー」行で終点下車。