「オッケー」笑顔で激励 長嶋茂雄さんが野球指導 佐倉

  • LINEで送る

 プロ野球の巨人軍OBを講師に迎えた「長嶋茂雄少年野球教室」が13日、佐倉市の岩名運動公園陸上競技場で開かれた。地元出身の巨人終身名誉監督、長嶋茂雄さん(80)も視察に訪れ、練習に励む子どもたちにアドバイスした。

 昨年参加した松本匡史さん、定岡正二さん、篠塚和典さん、元木大介さんの4人に加え、中畑清さんと角盈男さんも講師として初登場。地元少年野球チーム20チームの小学生計約500人に、投球や打撃などの基本技術を指導した。

 長嶋さんはグラウンドを歩いて指導風景を見て回り、「グローブは顔の前に構えて捕る」などと直接教える場面も。うまいプレーをした子どもを見つけると、「オッケー」と笑顔で褒めたたえた。

 約3時間の教室を終え、講評した中畑さんは「長嶋さんが生まれたこの佐倉から毎年、プロ選手が誕生してくれたらうれしい」と子どもたちを激励。お礼のあいさつをした上志津フェニックス主将の魚地涼太君(12)は「僕は野球が大好きなので、これからもずっと野球を続けます」と講師らに誓った。

 教室は市などの主催で2014年から始まり、今年で3回目。昨年までの会場だった「長嶋茂雄記念岩名球場」は老朽化のため改修工事中で、来年6月にオープン予定という。