菜の花風景、HP掲載 「来られない人にぜひ」 いすみ鉄道

 いすみ鉄道(大多喜町)は、4月上旬まで沿線で見ごろを迎えるさまざまな菜の花風景について、近く自社ホームページ(HP)上で画像を掲載したり壁紙配信もできるようにして、ファンを元気づける。

 「ガソリン不足や計画停電の影響でここまで来られない人に見てほしい。幸いにもうちは被害がない。震災で沈んだ心が少しでも和めば」と鳥塚亮社長。

 東日本大震災後、同鉄道は運行しているものの、観光客の減少で経営面は打撃を受けている。

 今月の乗車人員は「例年の半減も覚悟」と厳しい状況という。こうした中、観光鉄道としてできることを模索。黄色に染まったほのぼのとした沿線の景色を撮影し、それをホームページで届けて世の中を少しでも元気づけたい意向だ。


  • LINEで送る