つる編み趣深い作品に 籠やオブジェ、主婦2人展 神崎

  • 0
  • LINEで送る

フジのつるとケヤキの木皮などを使った籠などの作品。多くの来場者が見入っていた=29日、神崎町毛成
自宅ギャラリーで作品展を開催している藤ケ崎さん(左)と北崎さん

 神崎町毛成の主婦、藤ケ崎たつ子さん(64)の自宅のギャラリー、けやき工房「ふじ咲」で29日、ツヅラフジのつるを編んだ籠などの作品展「山里からのおくりもの」が始まった。近くに住む北崎みち子さん( ・・・

【残り 470文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円の一般プランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン