消防士の目線で東京大空襲語る 旭の“後輩”へ 加瀬さん【戦後70年ちば】

  • LINEで送る

 自身の戦争体験を生かしてもらおうと、旭市出身で19歳の「年少消防官」として1945(昭和20)年3月の東京大空襲を経験した加瀬勇さん(90)=習志野市=が、旭市消防本部で講演し、消防士ら約80 ・・・

【残り 346文字、写真 1 枚】