実は美味、厳つい顔の深海魚 オニヒゲ 【海の紳士録】

  • LINEで送る

 勝浦で水揚げされる有名な魚の一つとして、キンメダイが挙げられる。勝浦沖の水深400メートル付近のところにキンメダイの漁場があり、釣りによって漁獲されている。その際、キンメダイ以外にもさまざまな魚が針にかかることがあり、地元の漁師さんがその魚を海の博物館へ持ってきて下さることがある。

 キンメダイ漁の外道としてかかるのが、ソコダラの仲間である。釣針が海底に着いてしまうと、ソコダラ類がかかりやすいとのことである。ソコダラ類はいずれも深海性で、日本から約70種、千葉県からは22種が知られている。体は暗色で、頭が大きく、尾部はひも状に長く伸び、尾びれを欠いている。どの種も似たような姿をしているが、ヒレの長さや吻(ふん)の形、発光器の大きさや鱗(うろこ)の形などによって区別することができる。オニヒゲは勝浦沖でも捕れるソコダラの一種で、つい最近も漁師さんに持ってきていただいた。オニヒゲは吻がとがり、鱗がザラザラしているのが特徴である。

 ソコダラの仲間は厳(いか)つい顔つきで、見るからに深海魚という体つきをしている。勝浦で捕れたソコダラが市場に出回ることはないが、そのままの姿で店頭に並べられたとしても、買って食べようと思う人はそう多くはないだろう。しかし、身はやや脂がのった白身で、実はけっこうおいしい魚である。漁師さんの話によると、新鮮なうちに刺し身で食べるのが最高らしい。実際、伊豆方面ではすしネタにされることもある。(千葉県立中央博物館分館海の博物館 川瀬裕司)