トロッコ列車、当面運休 小湊鉄道

 小湊鉄道が今秋導入した里山トロッコ列車の車輪部分の一部が破損し、原因究明と安全確認が済むまでの間、運行を休止することが21日、同社への取材で分かった。同社は11月中の運転再開が困難として座席予約をキャンセルし、年内の復旧も「未定」としている。

 同社によると、2回目の運行日に当たる20日夕、養老渓谷-上総牛久駅間の上りを走行中の里山トロッコ列車で乗客が異音を確認。その後の車両点検で、機関車の車輪に付いたサイドロッドの折れ曲がりが見つかった。破損に伴うけが人はなかった。

 同社は製造に携わった担当者と原因究明に乗り出しており、今回の運休について「大変申し訳ない」と謝罪するとともに早期復旧に努めるとした。座席の予約受け付けも見合わせるが、里山トロッコ列車以外の列車は通常通り運行するという。


  • LINEで送る