365メートルのロールケーキ完成 ギネス世界記録に認定 茂原

スポンジにクリームを塗って、世界一長いロールケーキを作る参加者=10日、茂原市
スポンジにクリームを塗って、世界一長いロールケーキを作る参加者=10日、茂原市

 茂原市中心部にある榎町商店街で10日、世界一長いロールケーキ作りに挑戦するイベントが開かれた。933人の参加者が365・42メートルのロールケーキを完成させギネス世界記録に認定されると、商店街には歓声があふれた。

 イベントは「茂原七夕まつり実行委員会」が、毎年7月に開かれる七夕まつりのPRと商店街活性化を図ろうと企画。9月から参加者を募集し、市内洋菓子店なども協力して準備を進めてきた。

 当初は台湾で5月に認定された268・69メートルの記録更新を目指していた。だが、今月1日に東京都内で作られた325・23メートルのロールケーキがギネス世界記録に認定されたため、当初の目標だった280メートルから、さらに長さを伸ばして挑戦した。

 参加者はクリームを丁寧に塗った約50センチのスポンジを巻いてつなぎ合わせ、表面にもクリームを塗ってロールケーキを完成させた。ギネス世界記録の認定員がケーキの長さを測り、記録更新を宣言すると、参加者からは拍手と歓声がわき起こっていた。

 茂原市の小学1年生、伊藤夏那ちゃん(7)は「お父さんと一緒に作ることができて楽しかった。世界一のロールケーキ作りに参加できてよかったです」と笑顔で話していた。

 会場ではカレーパンやカレーうどんなどが販売されるカレーフェアも同時開催され、多くの家族連れらでにぎわっていた。


  • LINEで送る