来園者、通常の3倍 大型連休でうれしい悲鳴 アンデルセン公園

天候にも恵まれ、通常土日の3倍超となる多くの来園者が訪れたふなばしアンデルセン公園=20日午後、船橋市金堀町
天候にも恵まれ、通常土日の3倍超となる多くの来園者が訪れたふなばしアンデルセン公園=20日午後、船橋市金堀町

 船橋市金堀町の「ふなばしアンデルセン公園」に、秋の大型連休を利用した来園者が多く押し寄せ、同公園スタッフから「うれしい悲鳴」が上がっている。20日の来園者数は通常土日の3倍超となる1万7700人に上り、ゆったり過ごせるレベルを大幅に超過。23日までの連休は天候にも恵まれそうで、「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」をかわし国内人気テーマパーク3位の高評価を反映するように、“満員御礼”が続きそうだ。

 アンデルセン公園によると、秋の大型連休初日の19日は5千~6千人の通常土日レベルだったが、20日は急上昇して1万7700人。入園制限はないものの、ゆったり過ごせる1万人程度を大幅に超えた。

 世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が公表したランキング「2015年日本の人気テーマパーク」で、アンデルセン公園が前回の10位から大幅ランクアップし、3位に入った影響もあるとみられ、同公園は「千葉県外からの来園者が格段に増えている」という。

 車で訪れる来園者が多いため、同公園では臨時を含む駐車場2千台分に、付近の民間駐車場千台を加えた3千台分でも収容しきれず、長時間の駐車場待ちが発生。21日は午前10時15分時点で駐車場が満車となり、同公園ホームページで「アンデルセン公園駐車場、および周辺臨時駐車場がすべて満車。駐車場への入庫はできません」と告知し、公共交通機関での来園を呼び掛ける。

 満員御礼が続くことが見込まれるため、職員全員出勤と、登録アルバイトに極力出勤を呼び掛けるなどスタッフ総出で対応。開園時間の30分前倒しも行っているが、話題となったテーマパークでは、受け入れ人数を大幅に超過する「うれしい悲鳴」は続きそう。問い合わせは同公園、電話047(457)6627。


  • LINEで送る