動画でしぐさ伝える 収容動物の譲渡推進へ 柏市動物愛護ふれあいセンター

柏市の「譲渡動物情報」に掲載された動画
柏市の「譲渡動物情報」に掲載された動画

 保護収容した犬猫の救命率向上を図ろうと、柏市は市公式サイト内の「譲渡動物情報」のページに、譲渡可能な動物の動画配信を始めた。近隣自治体では珍しい取り組み。引き取りを検討する人に向け、画像では分からない動物のしぐさや性格などを伝える狙い。

 市動物愛護ふれあいセンターによると、昨年度、市内で捕獲・引き取りなどが行われた犬は71匹、猫は168匹。市は住居環境など条件を満たした希望者に譲渡の手続きを行っており、新たな飼い主に引き取られた犬猫は計116匹だった。一方、安楽死の措置となったのは計114匹に上った。

 ホームページには11日現在、犬1匹と猫14匹の情報を掲載。動画ではおとなしく飼育員になでられたり、元気よく跳ね回る様子などを見ることができる。本年度は収容される動物が増加傾向にあり、同センターは「動画を見て、1人でも多くの人に希望してほしい」と期待している。

 柏市の譲渡動物情報のホームページは(http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/061710/p002404.html)。


  • LINEで送る