“ふなっしー初詣”楽しもう 公認お守りに梨神様神社 船橋

  • LINEで送る

「ふなっしーお守り」(二宮神社提供)
「ふなっしーお守り」(二宮神社提供)
「梨神様神社」(船橋ロフト提供)
「梨神様神社」(船橋ロフト提供)

 ご当地キャラクター「ふなっしー」の地元船橋市ではこの正月、“公認初詣スポット”が人気を集めそうだ。千年以上の歴史を誇る「二宮神社」(同市三山)では、元日から「ふなっしーお守り」の頒布が決定し、問い合わせが殺到している。一方、生活雑貨チェーン「船橋ロフト」(同市本町1)には「梨神様神社」が登場。新年の願掛けにもってこいだ。

 二宮神社は、昨年夏にふなっしーが写真撮影で訪れた縁で今回の企画が進んだ。「ふなっしーお守り」は、元気が与えられる「明朗快活」の御利益があり、デザインは「顔タイプ」と「全身タイプ」の2種類(いずれも800円)。

 新年になったと同時に頒布開始の予定で、30日時点で電話やメールなどの問い合わせが約500件来ているという。神社側は「神社では全国初の取り組みだと聞いている。個数限定ではないが、神職の手により一つひとつ奉製しているのでどうなるか…」と少し心配そうだ。

 船橋ロフト地下1階の「梨神様神社」は、ふなっしーを人間界に送り出したという「梨神様」をまつる神社。11月末に高さ約2メートルの黄色い鳥居が出現し、その奥には真っ白なひげをたくわえ、頭の上に梨を乗せた「梨神様」の姿が…。1月18日までの期間限定スポットだ。

 絵馬(648円)が販売されており、神社裏には願い事が書き込まれた多くの絵馬が奉納されている。お賽銭箱は募金箱になっており、全額が東日本大震災遺児の奨学基金「公益財団法人みちのく未来基金」に寄贈される。

 同店スタッフは「お正月に寄ってもらい願い事をしてもらえれば。梨神様グッズは船橋ロフトだけの限定品です」とPR。1月19日からは、バレンタイン仕様の「恋の梨神様」に変身するという。