実は横浜育ち もう千葉から出られない!? 【ロングインタビュー 街に笑顔を!千葉ットマンは今日もゆく】<2>

千葉ットポットの出動準備に余念が無い
千葉ットポットの出動準備に余念が無い
マントをひるがえす姿はヒーローそのもの
マントをひるがえす姿はヒーローそのもの

 ―年齢は他の報道で出ていますね。お仕事も。

「41歳。千葉中央港で、港湾でのコンテナ修理の仕事をしている会社員です」

 ―身長は?

「176、7、8センチメートルくらいですね」

 ―千葉出身ですか?

「横浜です。千葉に移り住んだのは、7年くらい前です。横浜港で働いていて、千葉港の仕事になったので。それまでは生まれも育ちもずっと横浜です」

 ―どこらへんまで公開しているんですか。

「もうほとんど出ちゃってるんで。周りの人たちはもともと知っていますし、近所の小学生たちは、朝、出待ちしてたりとか…」

 ―出待ち? それは有名になる以前からですか。

「前からです。クリスマス時期になると、家も光らせるので。車をこうやって光らせた状態で帰ってきて、駐車場に入ると家も光らせるから。庭でも自由に子どもたちを遊ばせて、シャボン玉とかワーっと出して」

 ―子どもたちにしてみれば、馴染みのバットマンがテレビに出始めたという感じでしょうか。

「すぐ近くに小学校があって、(家の前が)通学路なんで、そこを(自分が)走っていくので、いつも子どもたちがみんなで手を振ってくれます」

★あえて繁華街を通る

 ―3年ぐらい活動されていて、今年の夏に突如注目を集めたことについては、ご自身どう思われてますか?

「どうした、今更! という」

 ―インターネットが火付け役?

「動画が迫力があった。インパクト強いですからね。今までも走っていたんですけど、動画っていうのはほとんど撮られてないんですよ。自分も、ササっと走って行っちゃうんで。信号待ちでも、撮らせて下さいって言われる前にダーっと」

 ―スマホで上手く撮った人がいたことがきっかけだったんですね。

「あと、高速道路だったというのもありますね。高速だったら追尾していてもそんなに危険じゃないから。追尾してくる人たちは、大体、自宅まで追いかけて来ます。で、ワーっと雑談して帰っていく」

 ―それについてはどう思われますか?

「ウエルカムですね」

 ―普段はどの辺りを走っているんですか?

「(職場が)千葉中央港なので、ポートタワーの前あたりから、千葉市街のナンパ通りをバーッと走って、千葉中央公園前、そのまま椿森陸橋経由で」

 ―あえて繁華街の人が多いところを通っているんですね。

「でも、自分、なかなか止まらないから。撮ろうとすると、バーっと走っていっちゃうんで。みんな後ろで『あーっ』て叫んでいます」

 ―この活動は、ずっと続けていく?

「ずっとやっていきますよね。変わらず」

 ―オリジナルのキャラクターに扮(ふん)するとかは考えていないんですか。

「ない。とにかく劇中に近づけるのが全て。カッコいい形は、そのままずっと崩さないで使わないと」

 ―映画の世界観をリスペクトしているんですね。

「そうですね」

 ―「千葉ットマン」と呼ばれてることについては?

「これは仲間がだいぶ前につけただけなんです」

 ―このコスチュームは映画『ダークナイト』のバットマン? バットマンシリーズでは同作品が一番好きですか?

「そうですね。『ダークナイト』の日本公開の封切りの時も、この格好で横浜の映画に観に行きました。ランドマークのところのマイカルで」

 ―バットマンに扮(ふん)した人がたくさんいるような場だったのですか。

「いや、自分だけ。普通に客として」

 ―コスプレ歴は?

「7~8年。千葉に来る直前くらいからですね」

★バラエティ番組には出ない

 ―千葉に移住して、千葉の「バ」とバットマンの「バ」が上手くつながって良かったですね。

「今回、その語呂合わせもちょっと(話題を集めた)後押しになってますよね」

 ―海外のメディアも。取材は何社くらい来ましたか?

「海外は1社。ロイターが全部配信して。取材の時に、素材としていろんなメディアに使ってもらうつもりなんで、と言われたので、どうぞどうぞ、と。世界で100局?で放送されたみたいです。もう全貌は自分でもつかみきれないですよ」

 ―(同居の)お母様の反応は?

「喜んでますよね」

 ―千葉にはずいぶん馴染まれているようですが、もう千葉から出られなくなっちゃいましたね?

「ねぇ!って感じですね(笑)」

 ―お仕事としてはこれからもずっと千葉で?

「そうです」

 ―当社はいろいろイベントを主催していますので、ご都合が合えば顔を出していただいて、県民の皆さんを笑顔にしていただければ。

「出落ちが一番いいんですよ。ずーっと佇んでるとね。ぱっと来て、ワーっと帰る。テレビ出演も、バラエティ番組とかは断ってます」


  • LINEで送る