“おいしいなっしー” ふなっしー&船えもん 市長と船橋の梨売り込み 札幌

  • LINEで送る

札幌ドームで行われた北海道日本ハム-埼玉西武戦の試合前セレモニーで、ふなっしー、船えもんと一緒に船橋の梨を両監督にプレゼントしてPRする松戸市長(左から3人目)=札幌ドーム(船橋市提供)
札幌ドームで行われた北海道日本ハム-埼玉西武戦の試合前セレモニーで、ふなっしー、船えもんと一緒に船橋の梨を両監督にプレゼントしてPRする松戸市長(左から3人目)=札幌ドーム(船橋市提供)

 和梨の消費が少ないとされる北海道で船橋市産の梨を売り込もうと、松戸徹市長はこのほど2日間にわたり、市公認キャラの目利き番頭・船えもん、市非公認キャラ・ふなっしーとともに札幌市を訪れ、おいしさをPRした。

 一行はまず札幌市役所を訪れ、上田文雄市長に梨を贈呈。松戸市長によると、「札幌市長が報道陣25社の取材は初めてというほど注目してもらった」と“ふなっしー効果”の大きさを強調。

 その後に札幌ドームで行われた北海道日本ハム-埼玉西武戦の試合前セレモニーで両チーム監督に梨を贈り、観客にも2千個を無料配布した。

 翌日には札幌市内のスーパーでも梨即売を行った。松戸市長は手応えを感じた様子で“札幌遠征”を振り返った。