電気自動車の普及促進へ 市役所敷地に充電設備 柏

  • 0
  • LINEで送る

EVステーションかしわに設置された電気自動車用の急速充電器=柏市役所

 電気自動車の充電インフラ整備に向け、柏市の市役所本庁舎敷地内に今月、電気自動車用の急速充電設備「EV(Electric Vehicle)ステーションかしわ」が開設された。安心して移動できる環境の整備を進め、二酸化炭素を排出しない移動手段の普及と地域活性化につなげる狙い。

 EVステーションかしわは同市役所の国道16号側入り口近くに設置された。車2台が同時に充電を行える設備で、誰でも利用できる。設置業者の東通工が県策定の「次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」に基づき、国の補助制度を活用して運営。同市は年間約10万円で、同社に土地を貸し出している。

 同市が公共施設の敷地内に設備を整備するのは初めて。市内の急速または普通充電設備は、今回で計15カ所になった。市南部クリーンセンター、道の駅しょうなん、沼南庁舎にも、今年中をめどに設置する計画。

 1回15分間で500円。50~60キロ走行分に当たる8~12キロワット時を充電できる。同市環境政策課は「自治体が率先して設置を進める。民間企業にも取り組みが広がることを期待したい」と話す。