あさピーに特別住民票 旭市、七夕まつり開会式で

 交付された特別住民票を持つあさピー
交付された特別住民票を持つあさピー

 6日に始まった「第60回旭市七夕市民まつり」の開会式で、市イメージアップキャラクター「あさピー」へ特別住民票が交付された。

 昨年誕生したあさピーは元気なひよこの男の子。トマトの帽子をかぶり野菜をイメージした緑色の羽、イワシの尾びれがしっぽになっている。市役所あさピーアール部に所属し「日本一住みよいまちは旭市かもしれない…」と全国にPRしてきた。今年7月には原付バイク(50cc以下)ご当地ナンバープレートのデザインになった。

 旭市合併10年記念と東日本大震災からの復興、地域の魅力発信のため、特別住民票第1号をあさピーへ交付することにした。明智忠直市長は「良くもなく悪くもなく、それなりにPRを頑張ってきた。さらなる活躍を期待する」などとユーモアを交えてあさピーを評価し、特別住民票を手渡した。

 きらびやかな竹飾りや吹き流しがJR旭駅周辺の商店街を彩る同まつりは7日まで。午後5時からミス七夕3人のパレードが始まり、みこしやはやし、ダンスの練り歩き、市観光大使の演歌歌手・椎名左千子さんの歌謡ショーなどが行われる。


  • LINEで送る