根ショウガ有効活用 ソフトクリーム開発 柏の道の駅で新発売

根ショウガをたっぷり使った柏産はちみつ×ジンジャーソフトクリーム=柏市の道の駅しょうなん
根ショウガをたっぷり使った柏産はちみつ×ジンジャーソフトクリーム=柏市の道の駅しょうなん

 柏市産根ショウガとはちみつ入りの「柏産はちみつ×ジンジャーソフトクリーム」が3日、同市の道の駅しょうなん内レストラン「ヴィアッヂオ」で新発売される。味は良いが規格外のため市場に出せない農産物を活用するソフトクリームシリーズの第6弾で、販売期間は約3カ月間。ショウガの風味とはちみつの濃厚な甘みをアピールし、地元産農産物の知名度アップにつなげる。

 同市内では古くから葉ショウガの栽培が盛ん。東京の市場では評価が高いが、根の部分に当たる根ショウガは形のいびつさなどから商品価値がないとされ、廃棄処分になっていた。同シリーズの開発に取り組むフードコミュニケーターの森脇菜採さんがその点に着目し、生産者らと協力して新商品開発にこぎつけた。

 ソフトクリームには1個当たり根ショウガ300グラム分を粉末状にしたものを練り込んだ。同市の千葉大学環境健康フィールド科学センターが研究用に養蜂している西洋ミツバチから採れたはちみつをトッピングし、味にアクセントも加えた。

 森脇さんは「ショウガの体を温める効能で、冷たいのに口の中がぽかぽかしてくるのが特徴」と話す。今後、同シリーズの販売場所の拡大も検討していくという。1個380円。問い合わせは同レストラン、電話04(7190)1131。


  • LINEで送る