神輿、勇壮に渡御 姉埼神社で夏季例大祭 市原

  • LINEで送る

街中に威勢の良い掛け声を響かせた神輿渡御=20日、市原市姉崎の姉埼神社
街中に威勢の良い掛け声を響かせた神輿渡御=20日、市原市姉崎の姉埼神社

 市原市姉崎の姉埼神社(海上晃宮司)で20日、夏季例大祭が行われた。大勢の老若男女が担ぐ神輿(みこし)が街中を練り歩き、「ソイヤ、ソイヤ」と威勢の良い掛け声が終日響いた。

 平安時代に定められた法令の一種「延喜式」で、市内では島穴神社(島野)とともに上総国五社の一つに数えられる姉崎神社。夏の祭礼は、地域の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を神に祈る年中行事となっている。

 多くの氏子が集まった境内で神事が行われると、次はいよいよ“祭りの華”となる神輿渡御。宮本、上町、下町の3地区の人々が昼前にそれぞれ神輿を宮出しし、夜の宮入りまでの間、勇壮な掛け声とともにJR姉ケ崎駅周辺や各地区を巡った。