<千葉日報ニュースβ・7月号>トップニュースは巨大ワニガメ! キャスターは「コズミック☆倶楽部」

  • LINEで送る

キャスターに挑戦した「コズミック☆倶楽部」のあいひょん(写真右)となるみん
キャスターに挑戦した「コズミック☆倶楽部」のあいひょん(写真右)となるみん
安定感のある「千葉日報ニュースβ」のオープニング画面
安定感のある「千葉日報ニュースβ」のオープニング画面

 インターネットニュース番組「千葉日報ニュースβ(ベータ)」の7月号が14日、配信された。約10年のブランクを経て6月に復活したばかりの同番組。2回目の配信となる今回は、柏市のご当地ユニット「コズミック☆倶楽部」のあいひょんとなるみんがキャスターを務めた。

→千葉日報ニュースβ・7月号はこちら(音量に気を付けてご覧ください)

 トップニュースは、柏市の手賀沼近くで発見された体長1メートルを超える巨大ワニガメの話題。続いて、市原市で起きた女子中学生連れ去り未遂事件を伝え、最後に松戸市長選挙の結果を紹介した。いずれも、6月の「ちばとぴ」月間アクセスランキングからピックアップした。

 ニュース後のトークコーナーでは、リーダーのあいひょんと“豊四季の女王”ことなるみんの2人が、イベント出演情報や新曲「柏ガール☆恋したガール」をPRした。

【関連記事】
・体長1メートル超えワニガメ 柏署が捕獲、飼い主探す
・女子中学生連れ去り未遂 刃物?所持男、車で逃走 市原
・連れ去り未遂疑いで男逮捕、市原 女子中学生被害
・松戸市長に本郷谷氏再選 市民派掲げ幅広い支持
・96回高校野球千葉大会

【おすすめ】
・コズミック☆倶楽部ホームページ
・千葉日報ニュースが復活!