松本幸四郎さん特別公演 初代生誕340年記念 8月香取・小見川で

  • 0
  • LINEで送る

九代目・松本幸四郎さんによる特別公演のチラシ

 歌舞伎俳優の松本幸四郎さん(71)=九代目=が8月24日、初代松本幸四郎(1674~1730年)生誕の地でもある香取市・小見川で、初代生誕340年を記念した特別公演を開催する。市は「この公演が、郷土の偉人の功績を再認識するとともに、東日本大震災からの復興を目指す市にとって、新たな一歩を踏み出す原動力と希望の光となればいい」としている。

 市によると、県指定史跡でもある初代幸四郎の墓は、同市小見川の善光寺にあり、八代目で幸四郎さんの父の故・初代松本白鸚さんも初代幸四郎生誕300年に当たる1975年に、九代目の幸四郎さんも2002年に同寺へ墓参に訪れているという。

 公演の会場は、同市羽根川の小見川市民センターいぶき館多目的ホール。宇井成一市長は5月の定例会見で「昨年オープンしたいぶき館の落成イベントとして、幸四郎さんの出演を数年前から依頼していたが、幸四郎さんは昨年の春に新装開場した歌舞伎座の出演で忙しく、1年越しの実現」と打ち明けた。

 演目は「寿式三番叟(さんばそう)」。入場券は3500円(490席、全席指定)。6月24日から同センターいぶき館か、佐原中央公民館で午前9時~午後4時30分に販売。対象は市内在住・在勤・在学者で1人2枚まで。公演日は午前11時から善光寺で墓参会を行う予定。問い合わせは市生涯学習課、電話0478(50)1224。