非公認キャラ・ふなっしー 船橋市公式グッズに初登場 「ふるさと納税」で特典

  • 0
  • LINEで送る

船橋市への「ふるさと納税」寄付者に贈られるクリアファイルの表面
裏面は市のセールスポイントを紹介

 船橋市の松戸徹市長は21日、「船橋ふるさと応援寄付金」(ふるさと納税)で5千円以上寄付した人に、市非公認ゆるキャラ「ふなっしー」と市公認「目利き番頭船えもん」が手をつないだデザインのクリアファイルを特典として贈ると発表した。

 市公式グッズにふなっしーが登場するのは初めて。市の要請に対してふなっしーが「ノーギャラで協力するなっしー」と快諾した。強力助っ人のサポートで、市は過去最高の500万円の寄付を目標に掲げている。

 ふるさと納税は、居住地に関係なく出身地や応援したい自治体に寄付できる制度。2008年度にスタートし、寄付者は所得税・個人住民税の軽減を受けられる。

 自治体によっては、寄付者に特産品などを贈る特典を用意して善意に応えているが、同市はこれまで特典はなかった。12年度に233万円(29件)と最高額を記録したが、13年度は16万3千円(5件)にとどまっていた。

 市は新たな財源を確保するため、全国的に知名度の高いふなっしーに協力を要請し、特典を設定。5千円以上の寄付者全てにふなっしー&船えもんのクリアファイルを贈るほか、1万円以上には「船橋三番瀬のり」「船橋産小松菜とホンビノス貝ピザ」などの特産品(3千円相当)を1品、3万円以上だと特産品3品をプラスして贈る。

 受け付けた寄付金は「非常時の備え」「子育て」など七つの使い道メニューから寄付者に選んでもらい活用する。

 特典付きの寄付受け付けは6月2日からで、市のホームページに「ふるさと納税」の案内を開設する。直接持参や現金書留でも受け付ける。

 松戸市長は会見で「財源確保だけではなく、船橋を全国に知ってもらい、市の情報も発信したい」と述べた。

 ふるさと納税の問い合わせは市政策企画課、電話047(436)2057。