5万株のツツジ鮮やか 千葉市緑区の昭和の森

  • LINEで送る

 千葉市緑区の総合公園「昭和の森」でツツジが見ごろを迎え、赤やピンク、白といった色鮮やかな花々が来訪者の目を楽しませている。

 市緑公園緑地事務所によると、公園にはヒラドツツジやオオムラサキツツジなど、4種類のツツジ約5万株が植えられている。今年は例年通り、4月中旬に咲き始めた。

 ツツジの見物客が多く来場する季節に合わせ、園内の「太陽の広場」では16日まで、こいのぼりを飾っている。今年も、市民から寄付されたこいのぼりが約50匹掲げられ、春風に舞いながら子どもたちを見守っている。

 ツツジは、ゴールデンウイーク期間中は楽しめる。