子どもたちの和太鼓響く 満開のシバザクラ背に 富田都市農業交流C

 約15万株のシバザクラが満開の富田都市農業交流センター(千葉市若葉区)で27日、和太鼓演奏会が開かれた。地元農家が生産した野菜や、千葉酪農農業協同組合のアイスクリームや、郷土料理「いももち」の販売もあり、好天に恵まれ、多くの家族連れらでにぎわった。

 シバザクラは約1万平方メートルの敷地内にびっしり植えられている。ピンク、白、紫の鮮やかな花のじゅうたんが、かぐわしい香りとともに、訪れる人を癒やしてくれる。

 和太鼓演奏は地元の子どもたちのグループ「大塚太鼓かずら会」など3組が出演。アクションも豪快に、勇壮なリズムが青空の下にこだました。

 アイスクリームの販売は行列ができる人気。稲毛区から家族で訪れた主婦は「ことしは桜の花見に行けなかったのが残念だったから、ここに来て良かった。天気が良くて最高」と話し、アイスを手にはしゃぐ子どもたちと弁当を広げ、春の1日を満喫していた。

 見ごろは連休中は続きそう。5月3日(午前11時、午後1時)にはモリンホールクラブ東京によるモンゴルの伝統楽器「馬頭琴」の演奏会が予定されている。

 問い合わせは同センター(月曜休館)、電話043(226)0022。


  • LINEで送る