高度救助隊が発足 大規模災害に対応へ 市川市消防局

  • LINEで送る

 市川市消防局は、首都直下地震などの大規模災害に備え「高度救助隊」を今月から始動させた。

 同局によると、高度救助隊は、新潟県中越地震やJR福知山線脱線事故などの大規模災害の多発を受けて、総務省が2006年、全国の消防本部に発足を呼び掛けた。県内では千葉市に「特別高度救助隊」があるほか、船橋市、柏市、松戸市、市原市がすでに高度救助隊を導入している。

 高度救助隊に必要な五つの装備は、小型カメラでがれきのすき間から倒壊した建物の内部を撮影して生存者を確認できる「画像探索機」のほか「地中音響探知機」「地震警報器」「熱画像直視装置」「夜間用暗視装置」。市川市消防局では、これらの機能を搭載した救助工作車III型を導入し、がれきの中からの救助活動や夜間の救助活動にも対応できるようになる。

 隊員数は専門的な教育を受けた隊員を中心に18人で構成し、24時間体制でさまざまな救助活動の要請に備える。