潮干狩り13日スタート 6月下旬まで 三番瀬海浜公園

  • 0
  • LINEで送る

13日からスタートするふなばし三番瀬海浜公園の潮干狩りを案内するポスター

 都心に一番近い潮干狩り場として知られる干潟、三番瀬の「ふなばし三番瀬海浜公園」(船橋市潮見町)が13日にオープンし、潮干狩りシーズンに入る。初日の開場時間は午前8時半~11時半。休日と重なったことから、同市公園協会では「2千人ほどの人出が見込まれる」としている。

 同公園では、東京湾越しにビル群を眺めながらアサリの潮干狩りができ、まれにハマグリやハマグリに似たホンビノス貝も採れる。

 今シーズンの開場日程は、6月29日までの43日間。潮回りによって開始時間は異なるが、いずれの日も開場時間は原則3時間。

 入場料は中学生以上430円、4歳~小学生210円。アサリの持ち帰りは別途100グラムにつき60円かかる。開催情報は自動音声案内、電話047(437)2525。問い合わせは同公園、電話047(435)0828。