「健康まつり」で測定、相談 体験コーナーにぎわう 長生

 長生村は村制施行60周年記念事業の一環として、「健康まつり」を村保健センターで開き、家族連れら約300人でにぎわった。

 会場には、肺年齢測定をはじめ、胃がん、乳がん触診指導、喫煙度チェック、血管年齢測定の各種体験コーナーが設けられ、列ができるほど。中でも骨密度測定には、当日申し込みを含め100人を超す人が参加するなど関心の高さを見せた。

 また、血圧測定や健康相談、食生活相談のコーナーも人気で、最新のがん統計パネルの展示も興味深く見入っていた。

 さらに、村保健衛生推進協議会(小高智恵子会長)メンバーにより「すいとん」が無料配布された他、協賛企業からゼリー、クレープ、やわらかご飯、コーヒー、お菓子がプレゼントされ喜ばれた。


  • LINEで送る