妊娠・出産の手続き紹介 助成額などネットで確認 千葉市・ヤフー連携

  • 0
  • LINEで送る

多機能携帯電話(スマートフォン)での「妊娠・出産手続き&得するお金チェックリスト」の操作画面
サービスを紹介する熊谷市長=7日、千葉市中央区の市役所

 千葉市は7日、大手検索サイト運営会社「ヤフー」が、妊娠、出産の際に必要な行政手続きが分かるサービス「妊娠・出産手続き&得するお金チェックリスト」を開始したと発表した。行政などが提供する大規模な公開情報「オープンデータ」の活用を目指して、市が手続きなどの情報を提供した。ヤフーが、自治体から情報提供を受けて、妊娠や出産の具体的な行政手続きを紹介するのは初めて。

 サービスは、インターネットで行政手続きを分かりやすく発信しようと実施する。パソコンやタブレット端末などでインターネットに接続し、ヤフーのホームページから政治ポータルサイト「Yahoo!みんなの政治」を選び、サイト内のメニューボタンから「妊娠出産チェックリスト」を選択。母親の職業や健康保険、都道府県や市町村などを入力すると、必要な手続きや助成される金額などが表示される。

 現在の提携自治体は千葉市だけで、市以外の市町村を選択すると、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーが試算した国内の標準的な手続きや助成の予想値が表示される。今後、他市の情報を盛り込むことを予定している。

 市と福岡市、奈良市、佐賀県武雄市の4市は昨年、行政などが持つ膨大な情報「ビッグデータ」などを活用する「ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会」を発足した。この際、ヤフーは協力者として名を連ねており、市はヤフーと意見交換を行ってきた。情報提供は、ヤフーから依頼があった。市は今回提供したデータを、オープンデータとして公開する予定。

 熊谷俊人市長は「市のホームページにアクセスする人は限られている。ヤフーのような、市民が普段使うサイトで行政手続きが分かるのは良い」とした上で「オープンデータの活用は、ヤフーや千葉市に限らず広がってほしい」と期待を込めた。