2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

市道用地を強制収用へ 船形吉春線、2地権者と交渉難航 野田市

 野田市は市道「船形吉春線」整備で難航している用地買収について、土地の強制収用に向け、土地収用法に基づいた手続きに入ることを決めた。計画が当初から約3年と大幅に遅れているため。地権者を対象に20日、事業説明会を開き、準備が整い次第、事業の認定を県に申請する。

 船形吉春線は延長1・1キロメートルの市道で、市北東部にある川間地区の南北方向の交通を支える県道「我孫子関宿線」と、国道16号を東西に結ぶ。市道路建設課は「同線の完成で車の通行量分散などが図られ、混雑解消や安全性の向上も見込める」としている。


  • LINEで送る