来月、運行4割減 経営再建中の銚子電鉄

 銚子電鉄(銚子市新生町2、竹本勝紀社長)は18日、運行本数を約4割減便するダイヤ改正を11月21日に行うと発表した。朝の通勤通学時間帯を除いて運行本数を減らし、1時間に上下線が1本ずつになる時間帯も。同社は「お客さまに迷惑を掛けることになり申し訳ない」と話している。

 これまで4編成で運行していたが、1編成が長期検査に入り3編成での運行になるため、現行ダイヤが維持できなくなった。1日当たり上下線合わせて66本だった運行が42本になる。


  • LINEで送る