甘みたっぷり 姉崎イチジク 市原から皇室に献上

 市原市姉崎地区の特産品「姉崎イチジク」が4日、皇室に献上された。

 同地区のイチジク農家、相川誉夫さん(72)が、市内企業を通じて毎年献上している。記録的猛暑で雨が少なく、水の管理には苦労したが、代わりに例年に増して甘みがたっぷり詰まった果実が育った。

 誉夫さんは「献上を続けられることは生産者としてたいへんな名誉。1人でも多くの方に姉崎イチジクを知っていただく機会になれば」と話している。


  • LINEで送る