「栄誉、故郷で祝えてうれしい」 少年時代の写真など92点 佐倉で「長嶋さん記念展」

長嶋氏が大学2年生のころ、小学校の同窓生が地元でそろった際に撮影された写真について説明する吉田会長(長嶋氏は前列左、隣の女性は当時の吉田会長)=23日、佐倉市王子台のレイクピアウスイ3階
長嶋氏が大学2年生のころ、小学校の同窓生が地元でそろった際に撮影された写真について説明する吉田会長(長嶋氏は前列左、隣の女性は当時の吉田会長)=23日、佐倉市王子台のレイクピアウスイ3階
佐倉中の恩師に卒業記念で級友とともに寄せ書きして贈ったたんすも展示。上部中央の「贈呈」の右側に長嶋氏が書いた「長島」の文字が確認できる
佐倉中の恩師に卒業記念で級友とともに寄せ書きして贈ったたんすも展示。上部中央の「贈呈」の右側に長嶋氏が書いた「長島」の文字が確認できる

◆同級生ら持ち寄る
 「茂雄ちゃんの栄誉、故郷で祝えてうれしい」。プロ野球元巨人監督・長嶋茂雄氏(77)の生誕地、佐倉市臼井地区の同級生や親戚らが持ち寄った少年時代の写真や思い出の品々の展示会が23日、同市王子台の大型店・レイクピアウスイ3階催事場で開幕した。

 「おらがまちのヒーロー・おめでとう長嶋さん記念展」は、同地区の同級生、親戚ら住民有志約20人が国民栄誉賞受賞を機に立ち上げた「長嶋茂雄氏の栄誉を祝う会」が主催。

 会員所有で初公開の少年時代の写真、級友と寄せ書きし恩師に贈ったたんすの他、巨人時代や市民栄誉賞表彰式の写真など計92点が並ぶ。

 同展は9月1日まで。午前10時~午後5時。入場無料。


  • LINEで送る