60周年で全面リニューアル 県内唯一“学生の海の家” 立大広研のキャンプストア 館山・北条海岸

60周年でリニューアルオープンした立教大学広告研究会のキャンプストア=館山市
60周年でリニューアルオープンした立教大学広告研究会のキャンプストア=館山市
大学生が笑顔で接客
大学生が笑顔で接客

 館山市の北条海岸。若者たちが運営する元気な海の家がある。立教大学広告研究会のキャンプストアで、県内で唯一残る大学生による海の家だ。開設から60周年を迎えた今年、全面リニューアルした。

 北条海岸南端の海岸通りに面した立地で、市が土地の一部を所有していたが、このほど全体を立教学院が取得。同研究会のOB会などが出資し、建て替えた。7月13日に開店したが、学生の試験期間もあり、8月から本格稼働。店には学生が常駐する。ジュースやカレーライスなどの定番メニューのほか、館山サンドなど地域グルメも扱う。

 最大の売りはその立地。毎年8月8日に開かれる館山湾花火大会は、店の目の前が打ち上げ場所。花火当日、絶好の観賞場所の2階テラスは予約客4組限定となった。

 学生らは市内の民宿の一角を間借りし、炊事洗濯などしながら合宿生活を送る。店長の社会学部3年、五十嵐敦さん(20)は今年3年目。「大切な年に当たった。これからの100年、200年の基礎を築きたい」と意欲を見せる。

 売り上げは積み立てや経費に消える。自分も下級生も無給。いかにやる気を引き出すか、人を使うのはなかなか難しい。今年の営業は28日まで。

 立教大学キャンプストアの問い合わせは、電話080(6549)1993。


  • LINEで送る