「魅力、楽しさ伝えたい」 ポートクイーン千葉 知事や市長訪問

  • 0
  • LINEで送る

森田知事(中央)を訪問したポートクイーン千葉(左から越川さん、志摩さん、田中さん、深野さん)=7日、千葉市中央区の県庁

 国内有数の国際貿易港「千葉港」の親善大使「2013ポートクイーン千葉」の4人が7日、森田健作知事と熊谷俊人千葉市長を訪問した。クイーンは「まだまだ知らない千葉があるはず。もっと千葉の魅力を勉強してお伝えしたい」と意気込みを語った。

 ポートクイーンは、千葉港の役割や魅力をアピールし、親しまれる港づくりにつなげるための親善大使。今年は7月13日、千葉ポートタワー(千葉市中央区)で公開のオーディション(主催・千葉港振興協会、千葉日報社)が行われ、越川愛理さん(22)=八千代市=、志摩瞳さん(20)=船橋市=、高橋彰子さん(29)=市川市=、田中梢さん(21)=同市=、深野沙亜也さん(21)=柏市=の5人が選ばれた。

 表敬訪問には、高橋さんを除く4人が参加した。4人はまず、中央区の市役所を訪問。熊谷市長は「千葉の人たちに海に親しんでもらえるよう、海の魅力を伝えてほしい」とクイーンたちを迎え入れた。また、千葉港の海辺を活用したまちづくりについて意見を交わした。

 続いて、県庁(同区)で森田知事や副知事らを訪問。森田知事は「ポートクイーンは、いろいろな場所で千葉や千葉港を宣伝する、大切な役目。より一層、千葉を元気にしていくために頑張ってください」と激励した。