都市と農村部の市民が交流 7日、緑区でイベント

  • LINEで送る

 千葉市区内都市部と農村部に住む市民同士の交流を図ろうと、緑区は7日、区役所前で農作物直売などのイベントを開催する。

 緑区地域づくり支援室によると、イベントは区自主企画事業として同室が主催し、区内の農作物直売所「旬菜とけ」が共催。新興住宅地が多い同区で、農村部で伝えられてきた文化や特産品を新住民にも知ってもらい、地域活性化につなげようと初めて行う。

 イベントでは、地元農家がとうもろこしやトマト、キュウリ、ナスなどの夏野菜、コメや花などを直売。ゆでとうもろこしの試食も行われる。けん玉、ベーゴマなどの昔遊びの体験、平山囃子(はやし)連によるお囃子といった催し物を実施する。

 午前9時~正午、区役所2階入り口前広場(荒天中止)。問い合わせは緑区地域づくり支援室、電話043(292)8105。