「努力と友達大切に」 中島選手、旭で夢先生 フットサル・バルドラール浦安

  • 0
  • LINEで送る

手をつなぎながらゲームを楽しむ中島選手と児童=11日、旭市立萬歳小学校

 フットサルFリーグのバルドラール浦安の中島孝選手(31)が11日、旭市立萬歳小学校(佐久間啓子校長)を訪れ、ゲームや経験談を通して夢へ努力する大切さや仲間と協力し合う素晴らしさを伝えた。

 訪問はスポーツ選手が「夢先生」となり、東日本大震災被災地の児童を元気づける「スポーツこころのプロジェクト笑顔の教室」の一環。一昨年から始まり、本年度は旭市内の小学校全15校で実施予定。

 中島選手は体育館で5年生20人とボールを使ったゲームを楽しみ、「みんなと一緒に何かを達成することは楽しいでしょう」と呼び掛け、華麗な足技を披露すると、子どもたちから歓声が上がった。

 中島選手は「夢を持つとたくさんの人が応援してくれてすごい力になる。自分が頑張るだけでなく、応援してくれる友達を大切にして」と訴えた。