“光と風”巧みに ホキ美術館で企画展 緑区

  • LINEで送る

ホキ美術館で始まった「光と風をかんじて…展」=緑区
ホキ美術館で始まった「光と風をかんじて…展」=緑区

 緑区のホキ美術館で、企画展「光と風をかんじて…展」が始まった。収蔵作品を中心に光や風を巧みに描いた傑作が並んでいる。11月10日まで。

 企画展は半年に1回、内容を変えてギャラリー1で行っている。今回は光と風をテーマに収蔵作品約60点と、新作1点を展示している。

 美術館は新たに、写実絵画の登竜門として「ホキ美術館大賞」を創設。新人作家を対象に、7月8日まで写実絵画を募集している。

 保木博子館長は「光と風は作家にとって永遠のテーマ。空間や奥行きなどの表現をぜひ見てほしい」と来場を呼び掛けた。午前10時~午後5時半、火曜休館(8月13日は開館、同月21日は休館)。入館は午後5時まで。問い合わせは美術館、電話043(205)1500。