安否情報を一元検索 千葉市、運営会社と協定締結 J-anpiに情報提供

  • 0
  • LINEで送る

J-anpiの検索結果イメージ

 千葉市は、NTTレゾナントなどが運営する安否情報検索サイト「J-anpi(あんぴ)~安否情報まとめて検索~」との連携を開始した。NTTレゾナントと協定を締結し、災害時に安否情報を提供する。

 J-anpiは昨年10月1日、東日本大震災の経験を踏まえて安否情報を調べられる仕組みを作ろうと、NTTレゾナントとNTT、NHKが共同で立ち上げた。携帯電話などの通信キャリア各社が提供する災害用伝言板の安否情報や、報道機関、企業、団体が収集した安否情報を集約し、一括して検索できる仕組みを構築した。

 協定では、市は災害時、市の避難所にいる避難者の安否情報を、本人の了解を得てJ-anpiに提供。J-anpiは、市から提供された避難者情報を掲載する。また、市は災害時、市公式ホームページにJ-anpiの検索窓を設置。市ホームページから直接、安否情報を確認できるようにする。J-anpiのサイトは(http://anpi.jp/)。