「被災地見守り続けて」 陸前高田の写真展・映画上映 あすから柏

展示される被災地・陸前高田市の写真=上田聡さん提供
展示される被災地・陸前高田市の写真=上田聡さん提供

 柏市の映画館「TKPシアター柏」では9日から、被災地の岩手県陸前高田市をテーマにした写真展と、震災に関連するドキュメンタリー映画の特集上映を始める。写真展は入場無料で、大津波が押し寄せる写真など30点を展示。22日まで。同館は「写真や映画を通じ、被災地の復興を見守り続けて」と呼び掛ける。

 震災から現在までの復旧の様子や、震災前と後の比較写真などを並べる。被災地で活動する団体「大槌復興刺子プロジェクト」(9、16、17日)が制作した刺子コースターやTシャツ、「ふんばろう布ぞうりサポーターズ」(9、10、16、17日)の草履などの販売スペースも設ける。

 期間中、福島第1原発事故で町全体が移住した福島県双葉町に密着する舩橋淳監督のドキュメンタリー作品「フタバから遠く離れてNuclearNation」や、震災後初めてクリスマスを迎えた仙台市をテーマにした岩淵弘樹監督の「サンタクロースをつかまえて」など4作品を特集上映する。


  • LINEで送る